教授 三羽 信比古

三羽信比古

氏名 三羽 信比古(みわ のぶひこ)
職位 教授
学位 薬学博士
担当科目 生理学・生化学、がん医療科学、がん制御科学特論、卒業研究
専門分野 がん治療科学、細胞死制御工学、老化防御薬理学
資格 無し
学会 日本癌学会、日本基礎老化学会、日本放射線腫瘍学会、日本放射線影響学会

主要著書

1) 三羽 信比古・編著 「細胞死の生物学」単編著, 計373頁, 東京書籍, 1993年

2) 三羽 信比古・著 「ビタミンCの知られざる働き」単著, 計172頁, 丸善, 1992年

3) 三羽 信比古・著 「プログラムされた死」単著, 計141頁, 岩波書店, 1992年 他

主要論文

1) Liao F, Saitoh Y, Miwa N: Anticancer effects of fullerene [C60] included in polyethylene glycol combined with visible light irradiation through ROS generation and DNA fragmentation on fibrosarcoma cells with scarce cytotoxicity to normal fibroblasts. (ナノテク素材フラーレンによる抗がん光線力学効果)共著, Oncology Research (査読あり、PubMed/TomsonReuters収載国際学術誌). 2011年; 19巻(5号): 203-216頁.

2) Asada R, Kageyama K, Tanaka H, Matsui H, Kimura M, Saitoh Y, Miwa N: Antitumor effects of nano-bubble hydrogen-dissolved water are enhanced by coexistent platinum colloid and the combined hyperthermia with apoptosis-like cell death.(水素ナノバブル水と白金コロイドによる抗がん温熱効果)共著, Oncology Report (査読あり、PubMed収載国際学術誌). 2010年; 24巻(6号): 1463-1470頁.

3) Saitoh Y, Yumoto A, Miwa, N : α-Tocopheryl phosphate suppresses tumor invasion concurrently with dynamic morphological changes and delocalization of cortactin from invadopodia. (プロビタミンEのαTocPによるがん転移/浸潤抑制効果)共著. International Journal of Oncology (査読あり、PubMed/Tomson Reuters収載国際学術誌). 2009年, 35巻(6号), 1277-1288頁 他

社会貢献

日本水素医療美容科学会 理事長、NPO法人 日本老化防御医科学センター 理事長、一般社団法人 日本RF温熱療法協会 理事

その他